国際活動

国際道路連盟

国際道路連盟(IRF:International Road Federation)
≪英語版サイト≫

国際道路連盟は、よりよく安全で持続可能な道路と道路ネットワークの発展と維持を促進することを目的とした非政府・非営利団体です。

日本道路協会は1954年にIRFに加入し、現在に至っています。概ね4年ごとに開催されているIRF世界大会は,世界中から政府・行政関係者のみならず学術分野や民間の道路および道路交通関係者も多数参加する会議です。2013年11月にサウジアラビア・リヤドで開催された第17回IRF世界大会には、約100ヵ国より約2500名の参加があり,日本からも約20名が参加し、論文発表、技術展示等を行いました。

■IRF Global Summit(第15回REAAA道路会議との同時開催)
会期:
会場:
大会テーマ:
大会概要:
2017年3月22日−24日
インドネシア バリ Bali Nusa Dua Convention Center
Roads for Better Living
15th REAAA conference & IRF Global Summit

過去の会議



このほか、関係国際会議への論文・報告書の提出および出席、また関係各国と各種資料の交換配布等の活動を通じて、国際交流の推進を図っています。

IRF奨学基金
日本道路協会は,1954年以来,IRF奨学基金に寄与するとともに、IRF奨学制度を導入しており、多数の道路技術者に留学の機会を与え、国際舞台で活躍する技術者を多数輩出してきました。

IRF奨学制度リンク

Get Adobe Reader

別ウィンドウで開きます。