出版図書

TOP > 出版図書 > トンネル

トンネル

現在、販売されている図書のみ掲載しています。 なお、既刊図書のうち販売されていない図書は、当協会図書室で閲覧可能です。

出版図書(丸善出版発売)
※消費税は含まない
図書表紙 図書概要 図書紹介 購入
道路トンネル維持管理便覧(付属施設編)
道路トンネル維持管理便覧(付属施設編)

【定価】
本体 7,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
337ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-513-9
【発行年月】
2016年11月
 平成5年に「道路トンネル維持管理便覧」を発行したが、その後、平成26年6月に国土交通省より「道路トンネル定期点検要領」が発出され、また、トンネルの維持管理に関する技術開発や調査研究が進められてきたことを踏まえ、平成27年6月に「道路トンネル維持管理便覧(本体工編)」を発刊しました。本書(付属施設編)は、道路トンネルに設置される付属施設を対象とした維持管理に関して、最新の知見をもとに記載内容の充実を図り、とりまとめたものです。「本体工編」とあわせて本書を活用いただき、道路トンネルの維持管理と安全の確保に大いに貢献されることを期待するものであります。 丸善出版から購入
道路トンネル維持管理便覧【本体工
編】(表紙)
道路トンネル維持管理便覧【本体工編】

【定価】
本体 7,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
448ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-512-2
【発行年月】
2015年6月
これまでの経験と研究の結果を結集して、平成5年に初版発行されましたが、その後、平成26年6月に「道路トンネル定期点検要領」が国土交通省より発出され、また、トンネルの維持管理便に関する技術開発や調査研究が進められてきたことを踏まえ、この度改訂の運びとなりました。
改訂版では、道路トンネルの維持管理に関する事項のうち、特にトンネルの本体工に関する内容に関して最新の技術および事例等を盛り込むことにより、具体的な道路トンネルの維持管理の方法について実務的に用いられる便覧としてとりまとめています。
丸善出版から購入
道路トンネル技術基準(換気編)・同解説 平成20年改訂版(表紙)
道路トンネル技術基準(換気編)・同解説 平成20年改訂版

【定価】
本体 6,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
280ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-509-2
【発行年月】
2008年10月
 本書は,「道路トンネル技術基準」の換気に関して平成13年に発刊された解説書の改訂版です。日本の自動車排出ガス規制は国際的に最も厳しい水準にあり,自動車の性能向上等により,道路トンネルの換気施設設計に用いる自動車1台当たりの排出量は減少してきました。車の性能向上,換気施設を取りまく情勢の変化に対し,最近の調査・研究結果や最新技術を盛り込むべく,換気施設設計に用いる排出量や,煤煙の速度勾配補正係数,自動車の等価抵抗面積の見直し等を行いました。 丸善出版から購入
道路トンネル観察・計測指針(平成21年改訂版)(表紙)
道路トンネル観察・計測指針(平成21年改訂版)

【定価】
本体 6,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
290ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-510-8
【発行年月】
2009年2月
 本書は,「道路トンネル技術基準」の構造に関する解説書の中で観察・計測の指針とされる内容の改訂版です。前回指針の発刊後,道路トンネルが数多く建設され,多岐に渡る施工実績が蓄積されてきたことから,観察・計測による管理について,最近の調査・研究結果や最新の知見を反映した指針が望まれていました。改訂版は,前方探査に関する事項,観察・計測結果の評価と活用方法,切羽安定・土圧による変状や地盤変状等の対策等に関する記述を加えて,一層の充実を図りました。 丸善出版から購入
道路トンネル安全施工技術指針(表紙)
道路トンネル安全施工技術指針

【定価】
本体 6,600円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
457ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-505-4
【発行年月】
1996年10月
 本指針は、山岳工法のトンネル工事における安全施工の技術について、土木工事安全施工技術指針のトンネルに関する項目の内容を補完するもので、本編、チェックリスト及び関係法令等により構成される。指針は、安全施工のための設計、施工、作業環境、周辺の環境等、トンネル工事の全体内容を網羅し、工事全体に責任を持つ請負者の現場代理人及び担当者を対象とする。チェックリストは、請負者の指導のもとに職長が行う日常の安全点検に使用できるよう、必要な内容を盛り込んでいる。 丸善出版から購入
道路トンネル非常用施設設置基準・同解説(表紙)
道路トンネル非常用施設設置基準・同解説

【定価】
本体 4,200円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
100ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-507-8
【発行年月】
2001年11月
 道路トンネルの非常用施設に関する技術的な基準としては、昭和56年の建設省都市局長・道路局長通達「道路トンネル非常用施設設置基準」があるが、その後の道路トンネルの増加や長大化に伴い、基準の考え方を統一する解説書の作成が求められるようになった。こうした要請にこたえる形で平成13年10月に発刊された本書は、最近の技術を盛り込むとともに、上記の通達に具体的な解説を付け加えることで、基準の内容を補完し、その趣旨を十分、的確に理解できるようにまとめた。 丸善出版から購入
道路トンネル技術基準(構造編)・同解説(表紙)
道路トンネル技術基準(構造編)・同解説

【定価】
本体 5,700円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
322ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-508-5
【発行年月】
2003年12月
 道路トンネルの本体構造に関する技術的な基準に、平成元年5月の建設省都市局長・道路局長通達があり、その解説書として、翌6月、「構造編」が刊行された。しかし、吹付けコンクリート等を組み合わせた工法の施工実績が増えるのに伴い、数々の新しい知見が見出されるとともに、安全性向上、建設コスト縮減等の社会的要請に対応する必要が生じ、同15年11月、本書が発刊された。主な改訂点は、坑口部の位置選定等の際の留意事項、設計・施工実態により適合した地山分類の見直し、等。 丸善出版から購入
シールドトンネル設計・施工指針(表紙)
シールドトンネル設計・施工指針

【定価】
本体 7,000円+税
【判型・フォーマット】
A5
【ページ数・時間】
426ページ
【ISBNコード】
978-4-88950-511-5
【発行年月】
2009年2月
 シールド工法による道路トンネルや共同溝の設計・施工は,そのための基準や指針がなかったため,土木学会等の基準等を参考にしていました。しかし,道路トンネルは大断面である上,トンネルの分岐・合流・接続や覆工の耐火構造等,道路特有の機能や固有の技術的課題があります。シールドトンネルの最新技術やコスト縮減等,最近の社会ニーズに対応する技術を取り入れることも期待されていました。そこで,今回,「シールドトンネル設計・施工指針」の発刊の運びに至ったものです。 丸善出版から購入
Get Adobe Reader

別ウィンドウで開きます。